音楽ファイルのコピーとリッピング問題

CDの音声は昔はパソコンなどに音声データをリッピングして、それをiTunesなどでipodに取り込んで聴くのが一般的だったと思います。私も割とそういう時代に育ったので、いまでもiTunesなどで直接、曲を買ってダウンロードする、というのはあまりやり方がよくわかっておらず、今でもCDを買ってリッピングしてiPhoneやiPodなどにうつして聴いているアナログ人間です。

リッピング違法化の施行でCDをリッピングしてはいけないのではないか、と誤解されている方もたまにいますが、市販CDの大半には、DVDやブルーレイと違って「コピーガード」が掛かっていませんので、自分で利用する範囲であればリッピングしても特に罪にとわれる、ということはないんですよね。
※もちろん、リッピングした音楽データを自分以外の人に配布したり、WEBサイトにアップロードするのは違法ですよ!絶対ダメです!

あと昔一時期、CCCD(コピーコントロールCD)という規格が流行った時期があって、このCCCDはコピー(リッピング)ができないようにガードが掛かっていました。今はほとんど見かけないのでまず問題ないと思いますが、このCCCDのコピーガードを解除してリッピングしたら違法です。(といっても、ほとんどの場合そもそもリッピングが「できない」のであまり問題ないんですけどね笑 コピーガードはそう甘くないっていう)。

それにしても法律関係というのはややこしいですね。あとラジオ番組を録音する、というのも結構やっていますね。流行の音楽は結構ラジオ番組なんかで流れていることが多いんで、そのラジオ番組で好きな曲を録音したりして楽しんでいます。最近はradikoのプレミアムサービスなんかにも加入していますが、これが結構便利でいいんですよね。ラジオ放送って従来、地域ごとに聴取制限をかけている(配信されている地域でしか聞けない)という特性があるんですが、radikoの月額300円程度の会員になれば、全国のラジオ放送が聴けるようになります。
※一部、radikoプレミアム会員でも聞けないラジオ放送局や番組があるので、事前に軽くチェックはしておいたほうがいいですけどね!

音楽をパソコンに取り込む(リッピング)機能をデフォルトで持つソフト

音楽をパソコンに取り込む(リッピングする)のは、何か難しいことでPC技術や知識がないと出来ないことのように、PCオンチの人だと感じてしまうかもしれません。でも実際のところ、音楽をパソコンに取り込むだけであれば、驚くほど簡単に誰でもできますし、ほとんどの人のパソコンに既に入っている「あのソフト」を使うことで実現できます。音楽をリッピングできるソフトの種類というのをいくつか見てみます。

 
Windows Media Player

Windows Media Playerには、音楽をパソコンへ取り込むリッピング機能がデフォルトで搭載されています。これ、意外と知らない方が多いんですよね! CDのリッピングは何か悪いことで、違法なツールを使わないと出来ない、と思っているかもしれませんが、(そもそもCDのリッピングは前回の記事「音楽ファイルのコピーとリッピング問題」でも説明しているように違法ではありません)、Windows標準で搭載されているプレイヤーでも簡単にできてしまうんですね。

ちなみに方法ですが、上部メニューより「取り込みの設定」 ⇒ 「その他のオプション」を選択するだけです。こちらのページでも紹介されているので参考にしてください。

 
参考:
Windows Media Player を使って音楽CDをパソコンへ取り込む

 
iTunes

これは、iPodを使っていたり、iPhoneでも音楽をPCから取り込んで聴いている方であればもう当然に知っていることだと思いますが、iTunesでCDの音楽や音声は簡単にパソコンに取り込むことができます。これが普及したときはちょっと革命的でしたよね。もうリッピングソフトとかわざわざ使わなくてよくなったわけですからね。

iTunesを起動した状態でドライブからCDを入れると、勝手に「取り込む」かどうかを聴いてくれる使用だったと思います。(多分)。なので、操作に迷うこともなく初心者でも簡単にできます。